ウイルス制御学ホームページへようこそ

ウイルス制御学ホームページへようこそ

微生物学は細菌学、寄生虫病学、免疫学、ウイルス学をカバーする学問領域です。さまざまな微生物の研究を通して、宿主とそれら寄生体の関係や病原性のメカニズムについての理解を深めます。微生物学は今や病原体研究にとどまらず、最先端医療の担い手として医学研究の中心に位置する重要な学問です。

当教室では主として世界的に深刻化しているエイズの原因ウイルスであるヒト免疫不全ウイルス(HIV)の複製機構に関する研究、HIVを利用して作製され遺伝子治療での応用が期待されるレンチウイルスベクターに関する研究と学生教育を、最先端の技術を用いて進めています。

AIDSの原因ウイルスHIV-1、遺伝子治療応用への期待がふくらむレンチウイルスベクターに興味のある学生募集

連絡先: 山岡昇司 shojmmb at tmd.ac.jp (@は、スペースatスペースと表示しています。)

教室の写真集